「家族のあり方」について考える同展に、多くの共感が寄せられ、観賞者は9万人を越えた 
よき家庭はよき人間をつくり
よき人間はよき社会をつくる

「家族」って素晴らしい!

 国連創設50周年、被爆50年行事のスタートを飾る「わたしたち地球ファミリー展」(主催=中国婦人平和会議・同展広島実行委員会、後援=中国新聞社・中国放送・広島テレビ・広島ホームテレビ・テレビ新広島)が1995年1月20日、広島池田平和記念会館でオープンした(29日まで)。同展では、世界65カ国の家族の写真などに加え、被爆者の戦後50年の生活を写真や物品、手記で紹介する“広島コーナー”も。開幕式では本田美由紀同展実行委員長のあいさつに続き、藤田雄山広島県知事が祝辞を述べた。鑑賞した来賓からは「核を廃絶し、人類共生の世界を築く決意――これがヒロシマの心です。この展示からはそうした心が深い感動とともに伝わってきます」(庄野直美広島女学院大学名誉教授)など共感の声が多数寄せられた。