「核兵器のない世界へ!」―世代を超えて民衆の連帯は広がる
(24日、広島池田平和記念会館で)

「池田会長のリーダーシップは素晴らしい」 反響の声
2010年1月22日〜2月7日(日)

 広島池田平和記念会館で開催された「核兵器廃絶への挑戦と人間精神の変革」展が大変な好評を博した。今回、広島では特別展として池田名誉会長の50年にわたる平和闘争を紹介。崩壊した“ベルリンの壁”の破片やモスクワ大学の名誉教授のローブなど初公開のものも含め、世界中から贈られた物品約50点が展示された。
 22日に行われたオープニングセレモニーには各界の来賓140人が出席。鑑賞後、多くの感想が寄せられた。

 「三代の会長が受け継いできた人間主義の一貫した流れを実感。核廃絶へ、民衆次元で行動するとともに青年たちがこうした取り組みを継承してくれることを望んでおります」(大学関係者)

 「私は原爆投下の2カ月後、広島市へ転勤に。まだ瓦礫の山が残っていました。平和を築くには“人を思いやる心”が大切です。その範を示す池田名誉会長に敬意を表します」(国際交流団体)

 「核兵器を『絶対悪』と断じた戸田第2代会長の見識に共感しました。また、その遺訓を継承しようと努力される青年の姿に、核兵器廃絶に向けた強い力を感じました」(平和団体関係者)

 また、28日には国連訓練調査研究所(ユニタール)広島事務所のアレクサンダー・メヒヤ所長が鑑賞した。

 

【崩壊した“ベルリンの壁”】
核戦争防止国際医師の会のバーナード・ラウン会長から贈られたベルリンの壁の破片。これとともに届けられた書簡には「池田会長とSGIの絶え間ない偉大な貢献に感謝の意を表明したい」とつづられている



「核廃絶への挑戦と人間精神の変革」展の詳細は、下記のURLへ
http://www.sokanet.jp/sg/sn/Top/Movie/1264376151041