中国120万、全国1300万の民衆の声が結集!!
 青年部が推進した「アボリション2000」支援の署名が、中国で123万1979人、全国で1301万6586人を達成(1998年2月)。署名は、国連事務総長、ジュネーブでの国連軍縮会議などに提出された。
 「アボリション2000」は、2000年までに核兵器全廃条約の締結を求める国際的キャンペーン。「核時代平和財団」などNGO(非政府組織)を中心に、900以上の市民団体が参加している。
 1997年9月14日、「核時代平和財団」のクリーガー所長が、池田SGI会長と会見。その席上、核廃絶という共通の目標を目指し、同キャンペーンを推進することを約しあった。
 被爆地・広島をはじめ中国青年部では、これに呼応して自発的に署名運動をスタート。ここから、運動の波が全国に広がった。