広島の中国平和墓園で除幕式「世界顕彰之碑」世界広布の開拓者を讃え


 明年1月のSGI発足30周年を記念し、世界広布開拓の功労者を讃える「世界顕彰之碑」の除幕式が12月11日午前、地元同志の代表が出席し、広島・中国平和記念墓地公園内の大朝平和講堂で行われた(写真)。
 碑の建立は「SGI最高協議会」で認定され、第1期として27人の方々の顕彰が世界顕彰特別委員会の全会一致で決定。氏名、生年、没年、国名が銘板に刻まれた。
 除幕式では、勤行・唱題の後、熊谷中国長が、「世界顕彰之碑」は、後世に残し伝える「広布開拓の証」であると述べ、「草創の先駆者たちの遺志を継ぎ、広島の地から世界へ平和のうねりを」と呼びかけた。